悪徳ブローカーの存在

悪徳ブローカーから中古車を買わないために


新車は中古車よりも品質が高く、使用感がないためにその価格が非常に高いです。そのため新車を購入するとなると、自動車ローンを組む必要がほとんどですので、数年の間は金銭的に余裕のない状態が続きます。

そのため資金の余裕のない方は中古車の購入を本格的に考える方が多いです。中古車は一度人の手にわたってまたそれが中古車販売店から売却されたものなので、そこには新車にはない使用感や傷といったものがあることが多いです。さらに型落ちしているものがほとんどですので、どうしても値段は新車より数段安いです。

しかし中古車はその分問題が多いです。車を購入後に傷がついてしまったりした場合には、所有者はその傷が隠れるように塗り替えを行ったりするのが通常ですがその記録などは素人の方はつけていないのが普通です。しかし販売店で売却する際にはお客さんに塗り替えの事実について伝えておく必要があります。ほかにも中古車にはメーターを改ざんしたり整備の記録をしっかりとつけていなかったりという問題が起こることもあります。

さらに悪徳ブローカーから購入してしまうとこれらの事実について故意に虚偽の情報を伝えてきたりすることがありますので、悪徳ブローカーから購入することは避けなければなりません。
そのために中古車を購入しようとするときにはとっておくべき方策と準備がありますので、しっかりとしておきましょう。

まず自分自身の中古車についての知識を高めるということです。中古車について虚偽の情報が記載される部分について知っていれば、おのずと騙されそうな情報には注意が行きますし、たとえば別人が記載すべき事項の書き方が同じように見える場合のようなときは、虚偽の情報が記載されているのではないかという疑いが生じやすくなります。

さらに中古車の販売店は悪いお店だった場合には非常に購入者にとってはつらいことになるのですが、いいお店である時はこれ以上にいい見方はいません。そのため何よりも自分が購入するところがいいお店かどうかを確かめておく必要があるのです。

その際に注意すべき事項とは、まずお店の前が清潔感を感じられるかどうかということです。これはお店の前に清潔感があるということはそのお店がお客さんからの視線を意識しているということなので、お客さんの視点に立った親切な対応を行ってくれることが期待できますし。
また店員さんの知識を質問でたしかめることによって、その知識を測ることができます