個人売買

個人売買で中古車を購入する


中古車を手に入れる方法として、個人売買を行うという手があります。
言葉通り業者を利用するのではなく、個人間で売買をするというものですが、業者で購入するのとは違った利点がいくつかあります。

まず挙げられる利点として、個人間でのやりとりになりますので、余計な中間マージンが発生する事がありません。業者から購入する場合ですと、当然の事ながら業者の売上になるようなマージンが発生する事になりますので、その分高い購入費用が掛かる事になります。

その点、個人でやりとりすれば直接的な金額によって売買が可能ですので、安く購入する事ができるのです。また、売る側からすれば高く売れる訳ですので、両者によってメリットのある売買方法となっています。
他にも消費税が発生しないのも嬉しいポイントではないでしょうか。消費税が上乗せされるとより負担が大きくなりますが、個人売買ですと消費税の心配もなく安心です。中古車を安く買いたい時や高く売りたい時に打って付けの個人売買ですが、反対にデメリットもありますので確認しておくと良いでしょう。

まずはトラブルが発生してしまった際に何かと大変という事が挙げられます。中古車を売ってもらった相手がきちんと対応してくれるような人間なら良いのですが、中にはトラブル時には全く対応してくれなかったり、連絡すら取れなくなってしまう事があります。そういった時には購入者側が大きな被害を被ってしまう事もありますので、それが一つのデメリットです。他にも手間と時間が掛かるというデメリットもあります。

個人売買をする際にお互いに慣れている場合なら良いのですが、慣れていない場合ですと何かとトラブルが発生してしまいますし、購入してから手元に来るまで時間が掛かってしまうケースも珍しくありません。こういったメリットやデメリットは一部ですが、良し悪しがあるという事をよく理解してから行うようにする事が大切です。では、実際に中古車を個人間で売買する方法ですが、よく利用されているのがインターネットオークションです。

インターネットオークションには数多くの中古車が出品されていますので、中古車探しをしたい時に打って付けと言えます。また、オークションになりますので、運が良ければかなり安く落札できる事がありますし、反対に入札者が競い合って高値で売れる事もあります。ただ、インターネットオークションは顔の見えない売買になりますので、信頼のできる出品者を選ぶ事が大切です。